www.acetestravel.com
 
  Question ?
  Call +90 212 518 3760
 
  Home F.A.Q   Contact  
 
  ホーム・ページ  
  ツアー・オプション  
  セーリング&クルーズ  
  ホテル  
  移動手段  
  ヘルシー・ツアー  
  お問い合わせ  
  会社概要  
TURKEY TOURS
 
 

トルコ・イスタンブール・シティ・ツアー

 
   
 
 
 
ツアーコード : ACETES-500
ツアー名 :

半日 ビザンチン史跡

出発 : 毎日 - 午前 通年
料金 :

-

     
 
 

ビザンチン史跡
半日・午前ツアー


8:00 - 8:30にホテルへお迎え、集合場所へ。まず、アヤソフィアを見学し、その後、徒歩にてブルーモスクへ。ブルーモスク見学後は徒歩でヒポドローム広場へ向かい、見学します。見学終了後はミニバスにてグランドバザールへ。世界で最も大きく歴史的なショッピングセンターへ。ここでは買い物などで時間をお楽しみいただき、その後スルタンアフメット広場へと戻ります。ツアー終了は13:00から13:30頃の予定です。

- ホテルへお迎え
- アヤソフィアは月曜日休館の為「カーリエ博物館」へ代替
- 0 – 2歳 無料
- 7歳まで 30%割り引き
- 移動機関、ガイド、各種入場料

見学場所について

アヤソフィア; この古代バシリカは4世紀にコンスタンティウスにより建てられ、6世紀にユスティニアヌス帝によって再建された驚異的な建築です。1453年にコンスタンチノープルはオスマントルコにより支配され、スルタンメフメット2世の命令によりモスクに変えられました。鐘、祭壇、聖像障、犠牲の像は取り外され、モザイクの多くも塗りこまれました。そして、ミフラブ(メッカの方向を示すもの)、説教壇、4つのミナレットなどイスラムの特徴的なものがオスマンの歴史の中で付け加えられました。1935年まではモスクとして残されていましたが、以後トルコ共和国によって博物館と変わりました。

ブルーモスク; アヤソフィアの正面に建つブルーモスクは17世紀に建築家メフメットにより造られました。内装を飾る青いイズニックタイルから「ブルーモスク」と呼ばれています。1609年から1616年にアフメット1世の命令で建てられました。他の多くのモスクがそうであるように、創設者の墓、イスラム教寺院学校とホスピスの墓からなります。スルタンアフメット・モスクはイスタンブールで最も人気がある観光名称のうちの一つです。

ヒポドローム; 古代ヒポドロームでは戦馬車レースなどが繰り広げられました。ここにはドイツ皇帝ウィルヘルム2世から贈られたチェシュメ(泉)、テオドシウス帝のオベリスク、青銅の蛇がからみあった柱、コンスタンチンの柱の4つのモニュメントがあります。

グランドバザール (屋根付き市場); 迷路のように入り組んだ道には4000以上の店があり、貴金属、カーペット、トルコ伝統美術とクラフト、ハンドメイド陶器、銅製品、真鍮製品とトレイ、水差し、オニキスウェアと天然石などそれぞれの店がその業種ごとにひしめき合っています。
 
     
   
     
 
     
 
ツアーコード : ACETES-501
ツアー名 :

半日 オスマン史跡

出発 :

毎日 - 午後 通年

料金 :

-

     
 
 
オスマン史跡
半日・午後ツアー

13:00 -13:30ホテルへお迎え、集合場所へ向かいます。まずはスルタンの住居トプカプへ。約2時間の見学後、ミニバスにてリュステムパシャ・モスクへ向かいます。ここは世界で最も美しいイズニックタイルが有名です。ツアー終了後ホテルへご案内。
       
- ホテル送迎
- トプカプ宮殿は木曜日休館の為「べイレルベイ宮殿」に代替
- 0 – 2歳 無料
- 7歳まで 30%割り引き
- 移動機関、ガイド、各種入場料

見学場所について

トプカプ宮殿;
この偉大な宮殿は15世紀から19世紀にかけて、オスマン帝国のスルタンたちの住居でした。クリスタル、銀製品、中国陶磁器、スルタンやその家族の衣類、細密画、聖遺物などの素晴らしい数々が展示してあります。

リュシュテムパシャモスク; リュシュテムパシャモスクは洗練されたイズニックタイルの膨大な量で有名で、非常の多くの種類の美しい花と幾何学的なデザインが庭に面した外壁、内部の柱、壁、ミフラブ等を覆いつくしています。これらのタイルは初期(1555-1620)に特有のトマト・レッドと呼ばれる赤い色が使用されていて、イスタンブールの他のモスクではこのような贅沢なタイルの使われ方を見ることができません。

 
     
   
     
 
     
 
ツアーコード : ACETES-502
ツアー名 :

終日 ビザンチンとオスマン史跡

出発 :

毎日 - 午後 通年 

料金 :

-

     
 
 
ビザンチンとオスマン史跡
終日ツアー – ランチ付き


8:30から8:45の間にご宿泊のホテルへお迎えに参ります。まず、アヤソフィアを見学し、次に徒歩にてでブルーモスクに行きます。その後、ヒポドローム広場へと歩いて向かいます。見学終了後はバスにてグランド・バザールへ。ここでは買い物をお楽しみいただけます。その後、昼食の為レストランへ。昼食後はトプカプ宮殿へ向かいます。数時間の見学後、バスにてイズニックタイルの美しいリュステム・パシャ・モスクへ。見学終了後はホテルへご案内いたします。ツアー終了は17:00から17:30頃となります。

- ホテル送迎
- アヤソフィアは月曜日休館の為「カーリエ博物館」へ代替
- トプカプ宮殿は木曜日休館の為「べイレルベイ宮殿」に代替
- 0 – 2歳 無料
- 7歳まで 30%割り引き
- 移動機関、ガイド、各種入場料、昼食
  (昼食は羊肉、チキン、野菜からお選びいただけます。)

見学場所について

アヤソフィア;
この古代バシリカは4世紀にコンスタンティウスにより建てられ、6世紀にユスティニアヌス帝によって再建された驚異的な建築です。1453年にコンスタンチノープルはオスマントルコにより支配され、スルタンメフメット2世の命令によりモスクに変えられました。鐘、祭壇、聖像障、犠牲の像は取り外され、モザイクの多くも塗りこまれました。そして、ミフラブ(メッカの方向を示すもの)、説教壇、4つのミナレットなどイスラムの特徴的なものがオスマンの歴史の中で付け加えられました。1935年まではモスクとして残されていましたが、以後トルコ共和国によって博物館と変わりました。

ブルーモスク; アヤソフィアの正面に建つブルーモスクは17世紀に建築家メフメットにより造られました。内装を飾る青いイズニックタイルから「ブルーモスク」と呼ばれています。1609年から1616年にアフメット1世の命令で建てられました。他の多くのモスクがそうであるように、創設者の墓、イスラム教寺院学校とホスピスの墓からなります。スルタンアフメット・モスクはイスタンブールで最も人気がある観光名称のうちの一つです。

ヒポドローム; 古代ヒポドロームでは戦馬車レースなどが繰り広げられました。ここにはドイツ皇帝ウィルヘルム2世から贈られたチェシュメ(泉)、テオドシウス帝のオベリスク、青銅の蛇がからみあった柱、コンスタンチンの柱の4つのモニュメントがあります。

グランドバザール (屋根付き市場); 迷路のように入り組んだ道には4000以上の店があり、貴金属、カーペット、トルコ伝統美術とクラフト、ハンドメイド陶器、銅製品、真鍮製品とトレイ、水差し、オニキスウェアと天然石などそれぞれの店がその業種ごとにひしめき合っています。

トプカプ宮殿; この偉大な宮殿は15世紀から19世紀にかけて、オスマン帝国のスルタンたちの住居でした。クリスタル、銀製品、中国陶磁器、スルタンやその家族の衣類、細密画、聖遺物などの素晴らしい数々が展示してあります。

リュシュテムパシャモスク; リュシュテムパシャモスクは洗練されたイズニックタイルの膨大な量で有名で、非常の多くの種類の美しい花と幾何学的なデザインが庭に面した外壁、内部の柱、壁、ミフラブ等を覆いつくしています。これらのタイルは初期(1555-1620)に特有のトマト・レッドと呼ばれる赤い色が使用されていて、イスタンブールの他のモスクではこのような贅沢なタイルの使われ方を見ることができません。
 
     
   
     
 
     
 
ツアーコード : ACETES-503
ツアー名 :

半日 ボスポラス・クルーズ「

出発 :

毎日 – 午前又は午後 通年 

料金 :

-

     
 
 

ボスポラス・クルーズ
半日 


午前 08:45 から 13:30
午後 13:30 から 17:30

ご宿泊のホテルへお迎え、出発場所へ向かいます。まず、バスにて金角湾沿いを通り、城壁を見学します。その後、スパイス・バザールへ。ここはエジプシャン・バザールとも呼ばれています。ここで自由時間を過ごした後、バスにてプライベート船の待つ場所へ向かいます。最初にヨーロッパ大陸側を通りボスポラス海峡のほぼ中央に位置するボスポラス第2大橋まで行き、アジア大陸側を通って戻ります。クルーズ終了後はスルタンアフメット(午前)/ホテル(午後)へ戻り、ツアーは終了いたします。

- ホテル送迎
- スパイスバザールは日曜日休館の為「ピエール・ロティ」へ代替
- 0 – 2歳 無料
- 7歳まで 30%割り引き
- 移動機関、ガイド、クルーズ

見学場所について

城壁;
1204年に第4次十字軍により最初の破壊がなされました。2度目は1453年のスルタン・メフメッ軍による大砲による攻撃でした。

金角湾; 自然港で安全な湾。金角湾はイスタンブールの発展において重要な役割を担ってきました。ヨーロッパ大陸を2つに隔てていて、全長約8km、最も広い部分はボスポラス海峡の入り口で、ボスポラスからこの入り江に流れ出ます。    

スパイス・バザール; このバザールを名付けるに当たりいくつかの案がありました。最初に「ニュー・バザール」と呼ばれましたが、多くのスパイスがオスマン時代にエジプトから輸入されていたという事実によって、その名が「ムスル・チャルシュ(エジプシャン・バザール)」と一般に呼ばれるようになりました。建物は建築家コジャ・カシム・アガによってデザインされ、1660年建築家ムスタファによって完成されました。この市場はシナモン、キャラウェー、サフラン、ミント、タイムなどのハーブやスパイスの魅惑的な香りで満たされています。

ボスポラス・クルーズ; ボスポラスはイスタンブールの海峡(トルコ語;イスタンブール・ボーアズ)として知られていて、トルコをヨーロッパ(トラキア)とアジア(アナトリア)を2分しています。ダーダネルス海峡に加え、トルコの海峡の一つです。世界の最も狭い海峡として他国船にも利用され、黒海からマルマラ海(ダーダネルス海峡を通り、エーゲ海、そして地中海と結ばれます)に繋がってます。このクルーズでは2大陸間(ヨーロッパ大陸とアジア大陸)の間をクルーズし、ドルマバフチェ宮殿、べイレルベイ宮殿、木造の家々や大邸宅の側を通り、黒海の近くルメリ・ヒサールまで行きます。

ピエール・ロティ; この名前は19世紀にイスタンブールに住んでいたフランス人作家ジュリエン・ヴィアウドゥのペンネームです。彼はオスマンの生活をすぐに気に入り、金角湾を眺めるカフェで時間を過ごすことをとても好みました。彼は最初の小説「アジヤデ」(1876年)をイスタンブールにて執筆しました。トルコの人々はこのラブ・ストーリーが好きで、エユップにある著者のお気に入りのカフェの名前に彼の名前を宛がいました。現在カフェがあるこの丘全てが「ピエール・ロティ」と呼ばれています。ここは金角湾を見事に眺めることができ、観光客の間で人気です。近年ではピエール・ロティの周りに小さなホテルが建設されています。また、2005年11月にはエユップとピエール・ロティ山頂を結ぶケーブルカーが誕生しました。スルタンアフメットを見学した後、このケーブルカーに乗ってピエール・ロティで休むことも旅行を楽しむ一つの案として素晴らしいものとなることでしょう。ケーブルカーが好きではなかったら、有名なエユップ墓地を抜け、丘を登ることもできます。

 
     
   
     
 
     
 
ツアーコード : ACETES-504
ツアー名 :

半日 2大陸ツアー

出発 :

毎日 – 午後 通年 

料金 :

-

     
 
 
2大陸ツアー (アジア大陸 & ヨーロッパ大陸)
半日 午後


13:00から13:30の間にご宿泊のホテルへお迎え。ミニバスでボスポラス大橋を通ってイスタンブールのアジア側に渡ります。この橋は世界で7番目に長いもので2大陸にまたがって架かっています。まず、イスタンブールで一番高いチャムルジャの丘へ行きます。ここからはボスポラス大橋を違ったアングルからご覧いただけます。自由時間をとりますので、写真撮影をお楽しみいただいたり、カフェテリアでのんびりお過ごしください。その後、海の近くにあるべイレルベイ宮殿へバスにて向かいます。べイレルベイ宮殿見学終了後はホテルへご案内。17:00から17:30頃ツアーは終了いたします。
           
- ホテル送迎
- べイレルベイ宮殿は月曜日・木曜日休館の為「カーリエ博物館」へ代替
- 0 – 2歳 無料
- 7歳まで 30%割り引き
- 移動機関、ガイド、各種入場料

見学場所について

べイレルベイ宮殿; オスマン帝国のスルタンたちの夏の住居。当時の家具や壮大な庭をアジア・サイドのハレムと共にご覧いただけます。

チャムルジャの丘; イスタンブールで一番の高さを誇る場所。頂上の美しい庭園からはイスタンブールとボスポラスのパノラマが一望できます。

買い物; トルコ国家教育相公認の絨毯織り講座で伝統的なシルク絨毯を織る少女たちを見ることができます。宝石や手工芸品、革製品等のお買い物をお楽しみいただく時間もあります。

カーリエ博物館; コーラの聖サヴィオル教会は、ビザンチンの教会で最も美しい例のうちの1つであるといわれています。教会は、イスタンブールの西側(エディルネカプ地区)に位置しています。16世紀には、教会はオスマントルコ人統治者によってモスクに改造されました。そして、1948年には無宗教の博物館になりました。建物の内部は、すばらしいモザイクとフレスコ画で埋められています。

     
   
     
 
 
     
 
ツアーコード : ACETES-505
ツアー名 :

終日 ボスポラス・クルーズと2大陸

出発 :

毎日 – 終日 通年 

料金 :

-

     
 
 
ボスポラス・クルーズ & 2大陸ツアー
終日ツアー – 昼食付き


8:30から8:45の間にご宿泊のホテルへお迎え、出発場所へ向かいます。まず、バスにて金角湾沿いを通り、城壁を見学します。その後、スパイス・バザールへ。ここはエジプシャン・バザールとも呼ばれています。ここで自由時間を過ごした後、バスにてプライベート船の待つ場所へ向かいます。最初にヨーロッパ大陸側を通りボスポラス海峡のほぼ中央に位置するボスポラス第2大橋まで行き、アジア大陸側を通って戻ります。クルーズ終了後はバスにて昼食の為レストランへ。昼食後、2大陸を結ぶボスポラス大橋を通ってイスタンブールのアジア側に渡ります。まず、バロック様式のべイレルベイ宮殿へ。べイレルベイ宮殿を見学後、イスタンブールとボスポラスを違ったアングルからご覧いただけるチャムルジャの丘へ行きます。自由時間後、ホテルへご案内。17:00から17:30頃ツアーは終了いたします。

- ホテル送迎
- スパイス・バザールは日曜日休館の為「ピエール・ロティ」へ代替
- べイレルベイ宮殿は月曜日・木曜日休館の為「カーリエ博物館」に代替
- 0 – 2歳 無料
- 7歳まで 30%割り引き
- 移動機関、ガイド、各種入場料、昼食
  (昼食は羊肉、チキン、野菜からお選びいただけます。)

見学場所について

城壁;
1204年に第4次十字軍により最初の破壊がなされました。2度目は1453年のスルタン・メフメッ軍による大砲による攻撃でした。

金角湾; 自然港で安全な湾。金角湾はイスタンブールの発展において重要な役割を担ってきました。ヨーロッパ大陸を2つに隔てていて、全長約8km、最も広い部分はボスポラス海峡の入り口で、ボスポラスからこの入り江に流れ出ます。    

スパイス・バザール; このバザールを名付けるに当たりいくつかの案がありました。最初に「ニュー・バザール」と呼ばれましたが、多くのスパイスがオスマン時代にエジプトから輸入されていたという事実によって、その名が「ムスル・チャルシュ(エジプシャン・バザール)」と一般に呼ばれるようになりました。建物は建築家コジャ・カシム・アガによってデザインされ、1660年建築家ムスタファによって完成されました。この市場はシナモン、キャラウェー、サフラン、ミント、タイムなどのハーブやスパイスの魅惑的な香りで満たされています。

ボスポラス・クルーズ; ボスポラスはイスタンブールの海峡(トルコ語;イスタンブール・ボーアズ)として知られていて、トルコをヨーロッパ(トラキア)とアジア(アナトリア)を2分しています。ダーダネルス海峡に加え、トルコの海峡の一つです。世界の最も狭い海峡として他国船にも利用され、黒海からマルマラ海(ダーダネルス海峡を通り、エーゲ海、そして地中海と結ばれます)に繋がってます。このクルーズでは2大陸間(ヨーロッパ大陸とアジア大陸)の間をクルーズし、ドルマバフチェ宮殿、べイレルベイ宮殿、木造の家々や大邸宅の側を通り、黒海の近くルメリ・ヒサールまで行きます。

ピエール・ロティ; この名前は19世紀にイスタンブールに住んでいたフランス人作家ジュリエン・ヴィアウドゥのペンネームです。彼はオスマンの生活をすぐに気に入り、金角湾を眺めるカフェで時間を過ごすことをとても好みました。彼は最初の小説「アジヤデ」(1876年)をイスタンブールにて執筆しました。トルコの人々はこのラブ・ストーリーが好きで、エユップにある著者のお気に入りのカフェの名前に彼の名前を宛がいました。現在カフェがあるこの丘全てが「ピエール・ロティ」と呼ばれています。ここは金角湾を見事に眺めることができ、観光客の間で人気です。近年ではピエール・ロティの周りに小さなホテルが建設されています。また、2005年11月にはエユップとピエール・ロティ山頂を結ぶケーブルカーが誕生しました。スルタンアフメットを見学した後、このケーブルカーに乗ってピエール・ロティで休むことも旅行を楽しむ一つの案として素晴らしいものとなることでしょう。ケーブルカーが好きではなかったら、有名なエユップ墓地を抜け、丘を登ることもできます。

べイレルベイ宮殿; オスマン帝国のスルタンたちの夏の住居。当時の家具や壮大な庭をアジア・サイドのハレムと共にご覧いただけます。

チャムルジャの丘; イスタンブールで一番の高さを誇る場所。頂上の美しい庭園からはイスタンブールとボスポラスのパノラマが一望できます。

買い物; トルコ国家教育相公認の絨毯織り講座で伝統的なシルク絨毯を織る少女たちを見ることができます。宝石や手工芸品、革製品等のお買い物をお楽しみいただく時間もあります。

カーリエ博物館; コーラの聖サヴィオル教会は、ビザンチンの教会で最も美しい例のうちの1つであるといわれています。教会は、イスタンブールの西側(エディルネカプ地区)に位置しています。16世紀には、教会はオスマントルコ人統治者によってモスクに改造されました。そして、1948年には無宗教の博物館になりました。建物の内部は、すばらしいモザイクとフレスコ画で埋められています。
 
     
   
     
 
     
 
ツアーコード : ACETES-506
ツアー名 :

プリンシズ・アイランド

出発 :

毎日 - 午後 通年 

料金 :

-

     
 
 
プリンシズ・アイランド
終日ツアー – ランチ付き


8:30から8:45の間にご宿泊のホテルへお迎え、マルマラ海をクルーズし、美しい松林と浜辺で有名な、かつてビザンツ時代の王子たちが追放されたプリンシズ諸島へ向かい、そのの中で最も大きく楽しいビュユック・アダを訪れます。ここでは海辺でリラックスし、その後、松林を馬車に乗って楽しみます。夜にイスタンブールに戻り、ホテルへご案内いたします。

- ホテル送迎
- アヤソフィアは月曜日休館の為「カーリエ博物館」へ代替
- トプカプ宮殿は木曜日休館の為「べイレルベイ宮殿」に代替
- 0 – 2歳 無料
- 7歳まで 30%割り引き
- 移動機関、ガイド、フェリー、昼食
  (昼食は羊肉、チキン、野菜又は魚からお選びいただけます。)

見学場所について

ビュユックアダはイスタンブールから近いマルマラ海上にある9つの島のうち、最も大きな島です。他の島と同様、島では緊急車両以外の車は禁止されていて、ここを訪れる人々は徒歩、自転車、もしくは馬車にて島を散策します。ビュユック・アダにはビザンチウムの女王アイリーン、エウフロシュネ、セオファノ、ゾーイ、アンナ・ダレッセナなどが亡命場所とした修道院があります。1929年2月レオン・トロトスキーのソビエト連邦からの追放の後、まずビュユック・アダで4年間を過ごしました。ビュユック・アダにはアヤ・ヨルギ教会、6世紀に造られた修道院、アイオス・ディミトリオス教会、アブデュルハミト2世によって建てられたハミディエ・モスクなどの歴史的建物があります。ビュユック・アダには2つの丘があります。イスケレ(フェリー上陸)とヒリストス(現在は腐敗している元ギリシアの木造建築の孤児院)です。2つの丘の間に教会とアイオスとニコラオスの修道院があります。教会の前にはルナ・パークと呼ばれる公園があります。観光客はバギーで簡単に簡単に上ることのできるアヤ・ヨギ教会からポイントに沿って島の小ツアーをすることができます。教会の近くには喫茶店があり、ここではワイン、スナック、ソーセージのサンドウィッチなどがあり、古典的なアヤ・ヨギ教会の一部を見出すことができます。
 
     
   
     
 
     
 
ツアーコード : ACETES-507
ツアー名 :

ディナー付きボスポラス・ナイト・クルーズ

出発 :

3月1日から11月30日までの毎日

料金 :

-

     
 
 
ディナー付きボスポラス・ナイトクルーズ
ボスポラス・ナイト・クルーズ – ディナー & ワイン付き


3月1日から11月30日まで

19:30から20:00ホテルへお迎え、クルーズ・ボートへご案内いたします。この魅惑的なヨルのクルーズはサンセットと同時にウェルカム・ドリンクから始まります。月明かりを受けたボスポラス大橋、ヨーロッパ大陸のチュラーン・パラス、ホテル・ケムピンスキ、ドルマバフチェ宮殿、アジア大陸のべイレルベイ宮殿、カナリジャ、アナドル・ヒサールをご覧いただけます。豊かな種類のオープン・ビュッフェ形式の食事、トルコのバーべキュー、飲み放題のお飲み物をベリーダンス・ショー、アナトリアン・フォークダンス・ショーと共にお楽しみください。タラブヤからベベクまでヨーロッパ・サイドの星空のような景色もお楽しみください。終了後はホテルまでご案内いたします。

- ホテル送迎
- 0 – 2歳 無料
- 7歳まで 30%割り引き
- 移動機関、ディナー、ワイン、ショー
 
     
   
     
 
     
 
ツアーコード : ACETES-508
ツアー名 :

ディナー & ナイト・ショー

出発 :

毎日 通年 

料金 :

-

     
 
 

ディナー & ナイト・ショー
1001夜 ターキッシュ・ナイト・ショー – ディナー & ワイン付き


19:30から20:00ホテルへお迎え、レストランへご案内いたします。一流レストランでのディナー(ハーフボトルのワイン又はソフトドリンク含む)に加え、有名なベリーダンサー、民族楽器を演奏するアナトリアフォークグループと人気トルコ人歌手による豪華なショーをお楽しみいただけます。

- ホテル送迎
- 0 – 2歳 無料
- 7歳まで 30%割り引き
- 移動機関、ディナー、ワイン、ショー
 
     
   
     
 
     
 
Tel : +90 212 518 3760 - 518 3761 Fax : +90 212 458 8635
Copyright 2006 © Acetes Travel. All rights reserved.
 
 
 
 
 

EXCHANGE

BUY
SALE
$
>
quiv="Cont
>
quiv="Conte